呉西はよいとこ一度はおいで♪

熱中症

熱中症といえば、一般的に熱失神をはじめ熱けいれん、熱疲労、熱射病という病状を総合した呼び名となります。
それに、どういうタイプに当てはまるかで死亡する確率も違います。
熱失神は、体内の水分量や塩分量の均衡がおかしくなるせいで、めまいが出て、気絶してしまうのです。
失神で気を失うという状態からすると、非常に重い症状を想像するかもしれませんが、瞬間的な意識障害なので、このせいで死亡に至るようなことは考えにくいです。
熱けいれんというのは、体温が異常に上昇したことが関係して起こるけいれんのことです。
典型的な症状は肩や足の引きつりで、体温はほぼ平熱で、深刻な事態に発展することはあまりありません。
熱けいれんは、汗が吹き出して体内の水分と塩分が失われたところへ、単に水だけを飲用した時に発症してしまうことが知られています。
汗をかいた場合には水のみを飲むのではなく、スポーツドリンクなどを用いて塩分もカバーするようにしてください。
熱疲労は熱中症の中でも重いほうになり、体温が40度を上回ることも意識障害もありませんが、汗が止まらなくなったり、頭痛やめまいの症状が出ます。
対処を怠っていると危険な状態に陥ることもあるので、早々に対応すべきです。
熱中症の中で最も危険なのが熱射病として知られている症状であり、体温は40度よりも上がってしまいます。
昏倒しもはや汗も出ない状態なので、ただちに専門の医師に確かな診察をしてもらわなければ生死にかかわる事態も招くので油断は禁物です。
熱疲労と熱射病は手をこまねいていると大変危ないため、どれほどすみやかに対策を取れるかが命を救えるかどうかを分けます。